K's Outdoor キャンプ、スキー、釣り
食べすぎ、飲みすぎには注意
暴飲暴食が呼び込むめまいと吐き気について
 
メニュー

 ■暴飲暴食が呼び込むめまいと吐き気について

 ■偏食である暴飲暴食が引き起こしてしまう鉄分不足

 ■タバコの習慣性と暴飲暴食が胃に与える影響

 ■お酒が暴飲暴食への入り口になっている場合

 ■暴飲暴食をリセットする方法

 ■暴飲暴食は体に悪影響を及ぼす

 ■暴飲暴食はダイエットの最大の敵

 ■ストレスと暴飲暴食について

 ■暴飲暴食によって引き起こされる様々な病気

 ■アトピー性皮膚炎の方が暴飲暴食すると

 ■甘いものを暴飲暴食しすぎることで出る症状

 ■暴飲暴食による胃痛には

 ■暴飲暴食がもたらす胃の働きと胃炎の症状

 ■うつ病と暴飲暴食の関係

 ■暴飲暴食によるところの嘔吐

 ■暴飲暴食後の改善策とは

 ■暴飲暴食によって起こる脂質異常や高血圧

 ■暴飲暴食を防ぎ口内炎をつくらない為には

 ■身体を壊してしまう暴飲暴食の治し方とは

 ■暴飲暴食を続けると様々な危険が出てきます





たとえば年末や年始につい暴飲暴食をしてしまい吐き気を覚えてしまう様な事などもあるでしょう。
それ自体は自然な生理現象であるともいえます。
暴飲暴食の字が示すように乱暴に飲んで、食べたわけであります。
体のキャパを超えたものが外に出されるのはキチンと体が仕事をしたという事ともいえるでしょう。

しかし、めまいなどの症状がその前後に変にあったという事であったり、数日を超えて変に続くという事であった場合、少し注意をする必要があります。
たとえばお酒を始め高タンパク、高カロリーのものが一度に入る生活が長く続いていたとしたら仮に若くても脳や心臓の血管を壊してしまい、その影響としてめまいになっていたという事なんかもありえますし、確かに美味しいものを食べると気持ちがとてもスッキリする所などもあるものですが、体や神経が興奮状態であるからこそ分からなかっただけで胃腸の状態はボロボロであったという事なんかも考えられます。

勿論、過剰なまでに、めまいや吐き気があったから怖いと思えという話ではありません。
時々は暴飲暴食してしまったと思うくらい羽目を外してみたくなる事もあるものでしょう。
いつも節制ばかりを考えているせいで、返ってイライラでめまいを起こしてしまうなどあった日には笑い話にもなりません。
しかし、美味しいから、勿体無いからという事で暴飲暴食をしてしまうのを赦すのならば、同じ分だけどこかで自分の体の調子を胸に手を当てて考えてみるという視点も必要ではないかという事です。

付き合いで食事が断れない、酒が断れないという事があり、胃の調子などがシクシクして感じるというのであれば胃薬に頼る前に、今日は話をしたり聞いたりする方をメインとし、暴飲暴食にならない様に一手手を打ってみるのも良いですし、暴飲暴食がどうあっても避けられないというのであれば他の時間の食事を敢えて自重し、体の休息時間を作ってみるというのも良いかと思います。

そういった習慣が身についているのであれば暴飲暴食が原因と思われる様な病気の予防にもなりますし、運悪くそういった病気になってしまった時も異変などに気づく機会も増えるのではないでしょうか?
暴飲暴食は地味な様でいて色々深刻な問題に転じやすいものです。
しかし少しの注意でそれらの予防は叶うものです。食事が多い頃には気をつけて頂いたら良いと思います。

 
Copyright 2000-2014 食べすぎ、飲みすぎには注意, All Rights Reserved